理事長挨拶

 ごあいさつ  

沖縄県ソフトウェア事業協同組合は、沖縄の情報・通信産業のより一層の発展を図るため昭和63年12月に設立され時代の変化に対応しながら活動を続けてまいりました。  情報化の急速な進展は経済・社会活動におけるコンピュータシステムの重要性が飛躍的に高まっており、ソフトウェアに対するニーズも年々増大してまいりました。更に、近年ではインフラの普及拡大に伴い、国境を越えたグローバ化によりIT産業の飛躍発展は無限大の可能性を持ち、沖縄から世界へ羽ばたくことも現実の世界となりました。  このような社会背景のもとに、当組合では沖縄県の「デジタルメディアアイランド構想」から「IT津梁パーク構想」そして「クラウドコンピューティング」と常に変化し、進化する時代の流れに即応できる共同の組織作りと、情報・通信産業をはじめ、観光リゾート産業に立地する「ハイテクリゾート構想」を推進し、良質なシステムの開発・人材の育成を積極的に行うことにより、広く社会へ貢献することを目指しております。  また、当組合では関係機関をはじめ多くの皆様方のご指導を受けながら互いに手を携えあって、沖縄県の情報・通信産業の振興に努力してまいりたいと存じます。  今後とも変わらぬご指導、ご鞭撻を賜わりますようお願い申し上げます。

理事長 幸地 長秀